交通安全に気を付ける

交通安全に気を付けて運転を

交通安全と自動車運転

交通安全を意識して自動車を運転をするには、常日頃交通ルールを守るだけでなく、歩行者や自動車にも注意を払うなど、道路状況に応じて運転をする必要があります。車で走行する際に、仕事などで溜まったストレスを解消するために、スピードを上げると事故の原因になるので、法定速度よりもスピードを上げて走行して轢いた被害者が家族だったらと考えることで、歩行者に配慮して車で走行することが可能です。車で安全に走行するには交通ルールを守ることも重要で、交差点近くなど車を止めてはいけない場所に止めてしまうと交通事故の原因になります。

運転中は安全な姿勢で

自動車を運転する時は、周囲の状態に気をつけましょう。道路を走っていると、色々な危険がやって来ます。本人が善良なドライバーだったとしても、危険は向こうから訪れます。道路に飛び出す子供や高齢者、あるいは犬猫。そういった物をある程度、予測して自動車は運転しなければいけません。またハンドルを握っている最中は、別の作業をしてはいけません。例えば、読書やスマートフォンの操作、携帯ゲーム機の操作なども厳禁です。いずれも完璧なよそ見行為となり、事故を起こさなくても、違法行為となります。更に、もし事故を起こせば過失は完全にドライバー側となり、膨大な責任が問われます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自転車を安全に運転するには All rights reserved