初心者ドライバー

初心者ドライバーは気を付けよう

自動車の運転で気をつけたいこと

自動車免許を取得したばかりの初心者は、運転の知識はあっても、実際の道路上での運転には不慣れなため、周りの自動車に迷惑になってしまうような行動をしがちです。例えば、道路の路肩に寄って停車する前には、バザードランプを点灯させることが推奨されていますが、停まる場所を探してノロノロ走ったり、停まってからバザードを点灯させたりするのは、後続の車の迷惑になります。ほかにも、右左折時にブレーキを踏んでから、ウインカーを点けたりすることもやりがちですが、ブレーキを踏む前に減速する意思表示をしなければ、バイクなどの巻き込みを起こしやすくて危害です。

自動車の自動運転技術

自動車の運転は、面倒くさいと考える方は少なからずいらっしゃるでしょう。2016年8月に日産から国内初となる自動運転システムを導入した新型セレナが発売されましたが、購入した7割近くの方がプロパイロットと呼ばれるこのシステム搭載車を選んだそうです。しかしながらまだ高速道路での利用に限られており、さらにセンサー類が使えなくなる悪天候時には不向きであるため、かなり限定的な運用に留まるようです。頻繁に高速道路を使う場合はよいかもしれません。プロパイロット自体もドライバーがONOFFを操作する必要があるため、どのような状況であれば使えるかを見定める能力が問われることになります。自動車に全ての安全を任せるのも決して悪くはありませんが、自分の判断で安全確保ができる能力を日々向上させたいものです。

自転車の運転のコツの情報

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 自転車を安全に運転するには All rights reserved